睡眠改善で一番大事なことは?

f:id:takajoz89:20170614151409j:plain

みなさんは1日何時間ねていますか?

睡眠って長すぎても短すぎてもだめみたいですね

 

こんにちは、たかじょー(@takajozland)です

 

睡眠は時間も大事ですが、それ以上に質が大事です

ぼくは睡眠の質を高めるためにいろんなことをしています

そのなかで一番効果ががあったのが呼吸でした

 

 

スポンサーリンク
 

目次

 

 

きっかけは体調をくずしたところから

ぼくは数年前に体調をくずしてから、健康オタク化しています笑

食べ物に気をつけたり、できるだけ運動するようにしていたりいろいろなことに取り組みましたが

一番気にしたのは睡眠でした、人間は生きている間1/3は寝ています

まずはこの時間をなんとか健康にしようと思いました

 

一番簡単で、お金がかからなかったのは呼吸だった

いろいろやった結果いちばん効果があったのは呼吸でした

やり方はざっくりいうと

  • リラックスできる体制をとる
  • 呼吸はゆっくりふかく
  • 寝る前にやる

これだけです

 

詳しく説明します!

 

 

睡眠改善のための呼吸のやりかた

 

リラックスできる体制をとる

呼吸ってリラックスしてる体制じゃないとうまくできません

体にちからが入ってる状態では呼吸は浅くなってしまいます

簡単なテストをします

両手の拳を思いっきり握ってください

腕に力をおもいっきりいれて力こぶをつくってください

いまあなたの呼吸は止まっていませんか?

 

これが呼吸と力の関係性です

ボクサーがパンチを打つ際に意識して「シッ」って言うのも、

筋肉が緊張状態が続くために呼吸が浅くなってしまうためです

 

まずはリラックスできる体制をとりましょう

ぼくの場合は、ベッドの上で正座でやります

意識するのはできるだけ体の力をぬくことです

 

 

呼吸はゆっくり深く

よく言われる「秒息を吸って秒とめて秒で吐く」といったことはしなくて大丈夫です

人によって肺や気管の大きさが違うので万人に共通する時間というのはありません

ゆっくり吸ってゆっくり吐きましょう

意識するのはできるだけ限界まで吸って、限界まで吐いてください

あくまでもリラックスするためのものですので無理は禁物です

 

寝る前にやる

この深呼吸をやる意味ですが、

リラックスすることと身体に酸素を行き渡らせることです

これによって睡眠を深くすることができます、なので寝る前にやります

せっかく呼吸しても、そのあとにスマホをいじったりテレビをみてしまうと効果が減ってしまいます

 

まとめ

現代人はスマホの使用やパソコンの使用によって前かがみになったりして姿勢がわるくなってます

姿勢がわるくなると呼吸も悪くなってしまいます

睡眠改善にとりいれてみてください!

 

 

スポンサーリンク